仕事と生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタにな ||

セラム大好きママ

↑ページの先頭へ
枠上

仕事と生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタにな

仕事と生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、なぜか鏡を見て、さらにじっくり見てひっくり返り沿うになったのです。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活をはっきり映っていました。この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに疲れて帰ってきてももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。
ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。乾燥肌のため、基礎化粧品はオイルを使うことにしています。オイルでマッサージしたり、オイルパックをしてみたり、また、クリームを使う代わりとしてオイルを使用することで、乾燥しづらい肌になりました。
常にツルツルとした肌になれて大変嬉しく思います。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、沿うでなければ荒れていることがわかります。
ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。
よくいう「キメが整った肌」は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。
しかし、身体の表面を覆う表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。



荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。肌にシワはどうやってできるのでしょうか。原因なら、肌の乾燥がとにかく大きい沿うです。エアコンの風に当たっていたり汗をかき、汗といっしょに肌の保湿成分が失われた時はことさら注意するべきでしょう。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、こまめな保湿で肌を乾燥指せないようにするのが大切だとされています。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。


持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしましょう。顔にニキビが出来てしまうととても気分が滅入ります。

でも、実は肌の調子ってお腹の中の調子と結びついているらしいので、腸内環境を良くしたら、結構きれいになくなってくれます。
まずは、腸内さっぱり快便生活からはじめるためにりんごなどの食物繊維が多いものを食べて、不要なものを体から出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。ここのところ、重曹がニキビケアに有効だと注目されています。弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。
研磨作用がはたらく重曹での洗顔は肌にダメージを与える惧れもあるため、試す時には、注意を払って行いましょう。喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管の働きが良いからです。
しかしタバコに含まれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、代謝が悪くなった結果、多彩な肌トラブルが出てきます。
肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。
その結果、皮膚の表面が荒れてシワやしみが増えてきます。美容と健康のために、タバコは辞めるようにしましょう。敏感肌の悩みは、水分が不足することによるのが多いのですが、肌質に合っていない化粧水を使っても、マイナス効果になってしまいます。肌質に相応しい低刺激の化粧品を使用して、保湿することが重要になります。


ダブル洗顔は肌へのダメージが大きいので、低刺激の肌質と合致しているクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。たとえば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミはその人の肌の性質によって違います。


一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があるのです。詳しく言いますと、白くてきめの細かい肌質の事です。

見分け方についてですが、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。


白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大切な時間だということを覚えておきましょう。



お風呂やシャワーの後ですとかきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、いわば、幾らでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、大切な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもい幾らいです。

顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行いましょう。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 セラム大好きママ All rights reserved.